大家族井内家の日々を気まぐれご紹介


by iuchiiuchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:未分類( 34 )

先日のブログで少し紹介しました美郷は山川のお隣さんですが梅、温泉、ホタル、高開の石積みなど一年中自然を体感できる催しを計画している元気のある村です。最近ではマクロビオティック料理を食べさせる農家民宿ができて他県からもたくさんの人が訪れているそうです。そこでマクロビ料理に関心のある私も友達と5人でお昼を食べに「きのこの里」へ行ってきました。マクロビは玄米食と野菜中心で砂糖や肉魚を使いません。また陰陽の素材や思想もあるようですがそんな本格的なことはできないし一般向きでないので美郷流となったようです。昔からおばあさんが作ってきた山の料理を想像していましたがとても手間をかけたお料理が出てきました。そばを野菜で包んだ生春巻き、お煮しめ、手作りこんにゃく、玄米寿司、いたどりの炒め物、野菜の天ぷら、あめご、ソバ米汁、デザートは完熟梅のゼリー、紫蘇ジュース、柿の葉茶などなど。
a0046305_17471960.jpg

a0046305_17474393.jpg

「買ってくる食材はこぶと醤油、塩、くらいかな」とお料理を作ってくださった里子さん。あとはほとんど家の周りで収穫したものばかりだそうです。玄米寿司の上にのっかっているピンク色は梅干しの種の仁を梅酢に漬けたものです。こんにゃくはあくだしにそばガラの灰を使いますが貴重なのでほかの灰と混ぜたり、また量を少なくしたりしますが里子さんのこんにゃくは惜しみなくそばがらを使っているので食感がほかの手作りとは一味違っていました。
a0046305_21473834.jpg

真ん中の笑顔の人が里子さんです。「よーけの人がこんな所まで来てくれてほんまありがたいわあ。」
この日はいろどりで有名な上勝町のスタッフ?の人たちが大勢来ていました。
a0046305_21561065.jpg
向かいの山に高開の石積みが見えます。
a0046305_21575716.jpg
a0046305_21581423.jpg
a0046305_21582611.jpg

里子さんの旦那様がたんぽぽの根っこを干したものをフライパンで香ばしくなるまで炒っています。それを煎じるとたんぽぽコーヒーができます。少しほろ苦いでもくせになるたんぽぽコーヒー。
a0046305_226497.jpg

a0046305_2262628.jpg

縁側に座って山を眺めながらたんぽぽコーヒーを飲み、とりとめのない雑談を1時間以上しました。この場所から離れたくないそんな居心地の良い空間でした。時おり柿の葉や野菜畑をすり抜けてきた風がダラーとゆるんだ体や心をなぞって走り去っていきます。またそれが心地いいんです。本当のごちそうはこういうものなのかもしれませんね。
追伸・・・たんぽぽコーヒーはみんな4杯くらいおかわりして飲みました。大ばあさんもです。
     「これで1年長生きするなあ・・・」とおおばあさん。「こまったなあ・・・」とわたし(笑)
[PR]
by iuchiiuchi | 2009-06-27 22:43
G.Wのある日知り合いのご夫婦が鳴門鯛を丸ごと一匹届けてくださいました。「今朝はまだピンピンはねていたんですよ」と言いながらふたを開けるとりっぱな鯛が入っていました。
a0046305_22105744.jpg

新婚の頃は魚を料理するのが苦手で旦那様がかわりに料理してくれたりしました。それがいつ頃からか魚をさばくのが大好きになって、それと比例するように私も強くなってしまって…へへへ(^-^)
a0046305_22165137.jpg
a0046305_22173843.jpg

ご存じのように鯛のうろこは硬くて大きいので袋の中に入れてゴリゴリゴリゴリ・・・・今が旬の鯛をどんなに料理しようかしら。
a0046305_22221113.jpg

まずは刺身と鯛サラダと鯛飯、そして残りは骨に身がたくさんついたぜいたくアラ炊き用に分けました。捨てるところもほとんどなく、これならいただいた方に失礼にならないかな。
a0046305_2230263.jpg
a0046305_22303724.jpg
a0046305_2232764.jpg
a0046305_22351788.jpg
a0046305_22355786.jpg

一番人気は鯛飯でした。もち米にきち米も少し混ぜて塩と醤油、酒少々、羅臼こんぶと切り身の鯛をのせて18分ガスにかければ(伊賀のかまどくん使用)おいしい鯛飯めしのできあがりです。幸せでございます(笑)
お礼に私の手作りみそを持って帰ってもらいました。これがほんとの「えびで鯛を釣る」・・・鯛が先にきたのでちがいますね。
鯛つながりの話題をもう一つ。5日のこどもの日に窯でピザを焼きました。焼いた後の窯の中の温度が高いのでもったいないと
思っていたので塩釜焼きを余熱でしてみることにしました。もちろん魚はマルナカに売っていた鯛です。
a0046305_2310741.jpg
a0046305_2310254.jpg

鯛のおなかに野菜や庭のフェンネル(香草)を詰めました。塩は辛すぎるといけないとふっと思って小麦粉を混ぜました。これで鯛を包もうとしましたがさらさらで包めません。横から真理ちゃんが「白身を混ぜたらどう?」のナイスアドバイス。これが正しいかどうかはいまだにわかりませんがうまく鯛を包むことができました。
a0046305_23205690.jpg
a0046305_23211777.jpg
a0046305_23214540.jpg

a0046305_23391636.jpg

初めてにしては上出来のふっくら美味しい鯛の塩釜焼きができました。めでたいしや、めでたいしや(@_@;)
[PR]
by iuchiiuchi | 2009-05-07 23:42
長かったような短かったようなゴールデンウィークも終わりましたが1000円効果で日本全国の車がかなり動いたようです。そのせいで渋滞に巻き込まれた方も多いのではないでしょうか。連休中もお仕事のかたもいらっしゃったとおもいますが迷惑だったでしょう・・ごめんなさい。我が家も神戸、愛媛へと出かけましたが幸い渋滞にあわずに楽しい旅行ができました。最後の日の今日は友達のご夫婦がワラビ採りにさそってくださって急ぎお弁当をつくっておばあさん(わらびとり名人・・だった)ちびさん達と出かけました。隣の村の美郷の山の上の畑へ…

まずはお楽しみのお弁当を広げました。
a0046305_072878.jpg
a0046305_09521.jpg

a0046305_0184338.jpg澄み切った空気を吸いながらそして山の緑を体中で楽しみながら食べるお弁当はやっぱり超おいしいですね。中身は漬けこんでいたとりのグリル焼き、さばの味噌漬け、パセリとニンジン入りの出し巻き卵、たけのこのみそ焼き、トマト、自家製ピクルス、漬物いろいろ、きのうのお赤飯とひじきのおにぎり、サンドイッチなど。友達は初物グリンピースのごはんのおにぎり、お煮しめなど。

a0046305_0125943.jpg
a0046305_0134817.jpg
a0046305_0141094.jpg
a0046305_0143798.jpg野兎のウンチ発見!
a0046305_0153197.jpg


ニョキニョキと顔をだしてあっちこっちに生えているわらびを夢中になって採りました。気がつけばおおばあさんは友達と一緒にとっていました。ありがとう!
a0046305_16127.jpg


a0046305_112161.jpg
a0046305_1121528.jpg


帰りにはしいたけやふき、うど、いたどりもいただきました。若かりし頃はくせのある山菜の味の良さがわかりませんでしたが今は季節の恵みに感謝。小さい頃、野山をかけまわった記憶もないのに懐かしい気持ちでいっぱいになります。新緑の風が吹きわたるようなG.Wの最後の一日でした。
[PR]
by iuchiiuchi | 2009-05-07 01:16
我が家のお気に入りスリランカ料理「マータラ」さんが山川から徳島市内へ移転し4月16日にオープンしました。用事で市内へ出たのでにランチを食べてきました。
a0046305_2344591.jpg

a0046305_23452766.jpg

オーナーのやさしい笑顔に迎えられて久々の(4週間ぶり)スリランカカレーを頂きました。豊富なスパイスの味と香りのバランスが絶妙で後味もやさしい。懐かしい味に再会!(笑)嬉しかったです。ランチはすっきり4種類になっていましたが夜はいろいろメニューがあるようです。今はオープン記念で500円のランチセットが食べられます。
a0046305_23563854.jpg
a0046305_23565045.jpg
a0046305_2357972.jpg

店内はおしゃれで奥の席は10人くらいがくつろいで楽しく食事ができるようになっていました。
徳島市立高校近くの橋の手前です。かくれファンの多い「マータラ」の紹介でした(^◇^)
a0046305_0124690.jpg

[PR]
by iuchiiuchi | 2009-04-20 00:36
一昨日初めて作ったメロンパンが家族に好評だったので調子に乗ってまた作りました。ほかにしないといけない用事があっても目新しい食べ物だと作りたくてついつい台所に立ちたくなります。新1年生のひかりちゃんも作ってみたいというので二人で作ることにしました。私は適当ですが1グラムも違わないようにきちんと計量していくひかりに時々注意されました。「あーちゃん!適当はだめよ」・・・「はーい」私が返事します(笑)素直な子供にいいかげんなことを教えたらいけないと思いながらついいつものくせが・・・。おしゃべり上手なひか梨ちゃんとの楽しい会話もメロンパンのエッセンスに…。
a0046305_20165680.jpg
a0046305_2017196.jpg

前回はバターが少しあったのでオリーブ油と混ぜて使いましたが今日はオリーブ油だけで作ってみることにしました。パン生地をこねるのに悪戦苦闘しているひかりちゃん。ちょっと手助けしてなんとかまとまり1次発酵。
それから問題の、上にのせるクッキー生地作り。オリーブ油だけでどんな具合になるのか楽しみです。これもひかりにさっくりと混ぜてもらいました。手つきはとってもいいようです(バババカで失礼します)
a0046305_20365344.jpg
a0046305_2037369.jpg

生地を寝かせている間に休む間もなく夕食のドリアを作ります。おにいちゃんがお野菜が大きいと食べないといけないからとまるでママのように言いながら小さく小さく刻んでくれました。ご飯を炒めてその次は上にのせるソースを作り二人のコンビネーションは抜群です。a0046305_20395111.jpg
a0046305_2040855.jpg
a0046305_20404672.jpg
a0046305_2041143.jpg
a0046305_20433759.jpg

1次発酵が終わったパン生地の成形です。ひかりちゃんは「ドルチェのアイスを食べてスイミングの用意をして出かけました。出来上がりをたのしみに・・・。
a0046305_20481760.jpg
a0046305_20483788.jpg

a0046305_20561047.jpg
a0046305_20575153.jpgちょうど遊びに来ていたお兄ちゃんの友達やおおばあさんが熱々のメロンパンを花水木の下で冷めるのも待てずに食べ始めました。
ちょうど友達が今が旬のきぬさやをたくさん持ってきてくれました。おおばあさんにスジをとってもらって今夜の一品にしました。農産市で買ったにんにくの芽も豚肉と炒めて中華風に。


a0046305_21191282.jpg
a0046305_21174087.jpg
a0046305_21184459.jpg

a0046305_21201435.jpg

ドリアも焼けてタイミングよく「ただいまあー」の元気な声が帰ってきました(^・^)
[PR]
by iuchiiuchi | 2009-04-17 21:19

久々のとうふ作り

花水木が今年もさわやかに開き始めました。きょうなど一日でうんと開いたのがわかるほどに白がきらめいてきました。毎年私が褒めるせいか?花水木に風格がでてきたような気がします(笑)。
a0046305_2336411.jpg

先日、友達から豆腐の作り方を教えてほしいとメールが入りました。自分の家で大豆を収穫したので作ってみたいとのことでした。私も10年ほど前に自分の畑でとれた大豆で豆腐を作ったことがあるので気持ちはよーく分かります。あの頃は小麦も旦那様に作ってもらってパンも焼いたりしました。たいへんでしたがもうそれは世界で一番のお味でした。来る人来る人に夫婦そろって自慢したような記憶があります・・・・・(^・^)とほっほ皆さん迷惑だったのではないでしょうか。ということで私もしばらく作ってなかったので前日に練習してみましたがこれがとってもおいしいんです。大豆は知り合いの人が作った青大豆を使いました。
a0046305_23531463.jpg

大豆を一日水につけたものをミキサーでつぶし、それをお鍋に入れて10分ほど火にかけます。熱いうちに濾します。濾した汁が豆乳で残ったものがおからです。
a0046305_23582921.jpg
a0046305_23584476.jpg

豆乳ににがりをそっと回し入れしばらく置くと固まります。
a0046305_002394.jpg

それを我が家はざるに入れしばらく置いて水分がでて適当な硬さになったらいただきます。
a0046305_011389.jpg

写真ではあまりおいしそうに撮れていませんがとても甘くて醤油なしでもおいしいんですよ。おからはごぼうやニンジンをいれて炊きました。
a0046305_0343876.jpg
友達も喜んで帰りました。ついでに今日は初めてメロンパンを焼きました。パン生地の上にクッキー生地のようなものをのせて焼きますがそれをふつうは小麦粉とバターで練るのですがバターが分量の半分しかなかったのでオリーブ油を入れて焼いてみましたがこれが大成功!
a0046305_071293.jpg

ちびさんも大人もみんなメロンパンナちゃんになってニッコリ(^o^)丿でした。
[PR]
by iuchiiuchi | 2009-04-16 00:28
先週の春の陽気にさそわれて桜も去年の秋に植えた庭のチューリップも一気に咲き始めましたが一転して冬の寒さに逆戻り…
寒風に健気に耐えている姿を見ていると毛布でも掛けてあげたい気がしますブルッブルっ(*_*)
a0046305_12423685.jpg
a0046305_12431953.jpg

こんな寒い日は家でゴソゴソおやつ作りでもしましょうか・・・。私の愛読書「暮らしの手帳」に載っていたオレンジピールをつくってみました。ピールは何度か作ったことがありましたがビターチョコレートをコーティングしたオランジェットを前々から作ってみたかったのです。本の発行年月日を見てみると、なんとオランジェットが掲載されたのは2004年2月でした。5年越しの恋(^-^)がやっと成就しました(笑)チョコレートもそのころから冷蔵庫でじっと眠っていました(はははナイショにしてね)。オレンジピールは土佐文旦の皮を使いました。
a0046305_13355039.jpg

グレープフルーツや夏ミカン、はっさくなどみな文旦の血を引いているそうですよ。かなり昔、江戸時代から食べられていたようで九州のザボンも同じ南方系かんきつ類で仲間です。独特のさわやかな香りで口の中に入れるとプチッと身がはじけるようなジューシーさです。おおばあさんがむいてくれたらあっという間にチビ達が食べてなくなるおいしさで我が家はみんな大好きです。そんな文旦の皮を使ってみました。
a0046305_13364042.jpg
a0046305_13365977.jpg
a0046305_13371939.jpg

できあがったオレンジピールをチョコレートで包んでいきます。これをテンパリングというそうです。暮らしの手帳の説明はとっても丁寧な作り方で私の性には合いませんがここは初めてなので素直に書いている通り温度計を老眼でにらみながらチョコレートを溶かしたりさましたり・・・。お湯の温度40度から15度の水を用意して、そして26度に冷まし、また30度にと、つやをだすためにがまんがまん。「私のお顔もこのぐらい努力したらつやがでて若返るかしら」とチョコレートがうらめしくなりました。
a0046305_13504686.jpg
a0046305_13523056.jpg

a0046305_1357790.jpg
a0046305_13572283.jpg

無造作に横たわるオランジェットをみると私の荒っぽい性格が皆様に笑われそうですがチョコレートが固まったらちょっと手直ししてお皿に盛りつけるとわからんわからん(笑)お味はあとひく大人の美味しさでした。
美容院へ行ってきたおおばあさんもテンパリングされたピールのように若返りきれいになりました。文旦の中身はおおばあさんがきれいにむいてくれました。ありがとう(^o^)丿
a0046305_13574761.jpg

[PR]
by iuchiiuchi | 2009-03-26 14:39
1月17日。5時46分。阪神大震災が起こりました。

当時の私は18歳。神戸六甲アイランドに通っていた学生でした。
学校は液状化現象が起こり、休校。

家は西宮。全壊でした。

幸い、大きなけがもなく、無事でしたが、周りでは火事が起こったり、お友達でも亡くなったりと本当に悲しい災害でした。

そして、今、私たちがするべきこと

まずは当たり前ながら、

*懐中電灯は転がって行ったりしないところに準備。


*家財の転倒防止策。


*非難持ち出し袋を作る。(これは手提げではなくリュックで)

 だって、特にマンションにお住まいの方。

さらに、小さなお子様を持つママさん。ご主人がいない時間帯に地震などが起こった場合、子供を抱っこして、荷物を思って、エレベーターは止まっているので、階段を降りなければいけない。

そんな時には絶対両手のあくリュックが便利です!!




携帯はまず、使えなくなるでしょう。

あの頃はまだ携帯が今ほど普及されていなかったので、公衆電話に長い列ができていました。


現在でも携帯より、公衆電話のほうがつながりやすいそうです。



そして、近くの人より、県外の親せきなどを中間に入れて連絡したほうが、つながりやすいようです。


そして、子供が学校に行ってる間や、習い事に行ってる間に災害が起こったら?


一番いいのは、前もって家族で話し合い、集合場所を決めておく。


私は学校に行ってる間は、必ず、学校で待っているように!!と伝えてあります。

絶対に迎えに行くから、友達と帰ってみたりしてはいけないと。


都会の場合は、交通手段が電車が多いので特に大変ですよね?!


*集合場所としていいのは、公園や、学校のグランドが倒れてくるものなどもなくいいようです。


そして、家族と連絡が取れないときに使えるもの。↓


災害時伝言ダイヤルって皆さんご存知ですか?

録音する場合171にかけます。→次にダイヤル1を押す。(1は録音)→家の固定電話の番号→メッセージを話す。
 

伝言を聞く場合 171にかけます。→ダイヤル2を押す。(2は再生)→家の固定電話→メッセージを再生してくれます。
この災害時伝言ダイヤルは毎月1日にデモンストレーションができるそうです。

ぜひ、家族でやってみてください。(これはNHK教育でやっていて知りました。)


それから、うちの事務所もそうですが、街中には災害時帰宅支援ステーションに登録している事務所や、お店、

コンビニ、スーパーがあります。このようなステッカーが貼ってあります。


a0046305_10531482.gif




そこでは、お水の提供や、お手洗いの使用、簡単な傷の手当。電話などもつながれば借りれます。


子供さんにはそういうことも伝えておくといいですよね?


そして、最悪、子供や、家族と連絡が取れず、探す場合。


一番役に立つのは写真だそうです。


 2年生くらいの男の子みませんでしたか?では、みんなパニックになっているときですのでまず、無理でしょう。

写真はかなり役に立つそうです。(これもNHKの番組より。)


最近は写メールがあるので、使うといいですよね。

今日は少し長くなりましたが、やはり、一度あの恐怖を経験しただけあり、ちょっと敏感になってるのかもしれません。


と言う私も、なかなか日々の生活で全部が全部徹底できていないのが現実。
なので、1/17は再確認の日という事で、少しでもお役に立てれば幸いです。
[PR]
by iuchiiuchi | 2009-01-19 10:57
お正月らしい身も心も引き締まる寒い元旦になりました。私の中の予定では大みそかの紅白歌合戦の取り・氷川きよしの歌を聞いてから夫婦仲良く八幡神社へお参りに行って新年を迎えようと思い描いていたのですが、、、ちびを寝かせているうちに気がつけば朝でした((+_+))人生なんてこんなものよと気を取り直して新たな気持ちで今年最初のブログを書いています。今年もどうぞお付き合いくださいますようお願いいたします。
a0046305_222339.jpg
a0046305_1204928.jpg

暮れに旦那様や息子はおそばを打ち、女三人(最強助っ人?6歳児含む)はお節を作りました。新婚時代から3?年ずっと作ってきたお節ですが内容が濃くなるのに年々楽になってうれしい限りです。
初めてお節を作った時は前日から作り始め紅白歌合戦が始まる直前(当時は9時からでした)までかかりました。そのあとすぐ高越山へ(1123m)麓から登りましたが今思うとよくそんな元気が残っていたなあ、、、若かったんだなあと我ながら感心します。a0046305_1421443.jpg
a0046305_1424142.jpg

a0046305_143243.jpg
a0046305_1462410.jpg

各家庭いろいろなお正月の迎え方があると思いますが我が家は手作りお節を皆で食べて「今年もよろしくー」と乾杯して一年が始まります。食べることが家族の元気の源。気合いを入れて今年もご飯を作ります。当然ブログも食べることが多くなり変化がないかもしれませんがお許しくださいね。
a0046305_1582189.jpg
a0046305_159534.jpg

a0046305_1592726.jpg
a0046305_211482.jpg

御馳走を食べながら今年ほど強く感謝の気持ちを感じたことはありませんでした。世界中日本中が良い年であってほしいと心から願います。
[PR]
by iuchiiuchi | 2009-01-02 02:14
11月21日から1泊で島根県安来市へ家族で行ってきました。どじょう掬いの安来節の踊りや唄で有名なところです。ちょうど1ヶ月前におおじいさんが友達と旅行して帰ってきてから話を聞いたり躍ったのがきっかけで特にひかちゃんは興味しんしん。おおじいさんと熱心に練習しているひかちゃんです。腰をしっかり落として上体は動かさず…
a0046305_20374410.jpg

そして一ヶ月後には・・・・
a0046305_20413451.jpg

安来節演芸館に来ていました。建って3年くらいのりっぱな建物でした。中は畳敷きに座イスを置いた200席位のゆったりとした見物席でこの日は平常日のせいか?ほとんど貸し切り状態でした。
a0046305_20581269.jpg

a0046305_20595928.jpg

a0046305_21174765.jpg

a0046305_2112289.jpg

安来節保存会の6人が(いろいろな流儀のグループがあるそうです。毎日変わるそうです。)安来節を唄ったり踊ったりの熱演に30分間もあっという間。余韻冷めやらぬまま帰ろうとしていると座長さんが「衣装をつけてみませんか」と声をかけてくださいました。ということで一志と高志が衣装をつけてもらいました。
a0046305_2193070.jpg
a0046305_2194686.jpg

妙に似合っている一志くん。
そして舞台の上でみんな声を揃えて「あらっえっさっさあー♪」
a0046305_21105100.jpg

ついつい調子に乗ってしまう井内家です(笑)
まずは今夜はこの辺でおしまい。旅の続きはまた明日。「アラッエッサッサァ~♪」
[PR]
by iuchiiuchi | 2008-11-23 21:39